〜・〜三味線〜・〜

ギターでいうところのピックにあたります。
ジャンルによって色々な素材や大きさがありますので、それぞれのジャンルに合った撥をお選び下さい。

長唄・・・お稽古用には木撥が一般的ですが、他に練物(ねりもの)を使う方や、高価になりますが、演奏会では象牙を選ばれる方もいらっしゃいます。
小唄・・・指弾きになりますので、撥は使いません。
民謡・・・こちらは練物が圧倒的にポピュラーです。象牙もいくつか在庫がございます。
地唄・・・他のジャンルに較べ大変大きく、割高になります。鼈甲が一般的で、次いで象牙になります。
津軽・・・鼈甲が一般的です。練物もございますが、衝撃に耐えられずに割れてしまうことも多い為、あまりお薦め出来ません。鼈甲は、柄の見栄えで価格が変わって来ますが、その硬さで音も随分変わって来ますし、やはり使い心地で選んでいただくのが一番良いかと思います。出来ることなら御自分の三味線で色んな撥をお試しになっていただくのがいいでしょう。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。